これは悔しい!長南町ホタル祭りへ

Pocket

ホタル祭りなんて、長南町もハイカラなことを始めたものだ。
町おこしに貢献するのも自分の務めと思い行ってきた。

ホタル祭りの看板

正直大したことないだろうと思っていたのだけれど、けっこう立派な看板が立っているではないか。

ライトアップ

田んぼがろうそくでライトアップされている。
ホタルのメインは田んぼではなく、脇の用水路となる。
写真を撮っている人が何人かいたが、ライトアップが邪魔だという声も聞かれた。
難しいところだなあ。

ホタル

ホタルの撮影は初めてで、シャッタースピードやISO感度は手探り状態。
ってか、ピンボケじゃないか!?

少し背景を入れつつホタルを撮影したかったのだけれど、ピンボケてしまった。
何しろ暗くてオートフォーカスは合焦しない。
マニュアルでホタルの光源にピントを合わせたつもりだったけれどダメだった。
ひんしゅく覚悟で、ライトで照らしてフォーカスを持ってくるべきだったか・・・。
ピントにはシビアじゃないコンデジの方が、こういう場面では良いのかもしれない。

ちなみにこれでISO感度400、シャッタースピードは87秒。
モードはもちろんバルブ(レリーズボタンを押している間はシャッターが開きっぱなしとなるモード)となる。

ホタル

今度はISO感度800、シャッタースピードは74秒。
少し背景が入ってきた。
絞りは共に開放(F4)

シャッタースピードは2~3分とし、後はISO感度で調整するくらいで良いようだ。
そう思って2分くらいシャッターを開いていたかったのだけれど、車が頻繁に通っておちおちシャッターを開けていられない。
ヘッドライトで照らされてしまえば終わりだ。
やりたくないけど、ISO感度を上げるしかないのか・・・。

ちなみに、バルブ撮影にリモートスイッチは必須です。
本体のレリーズボタンを押しっぱなしにしてるわけにはいかないですからね。

本当はタイマー付きが欲しいんだけれど、けっこう良いお値段しますし・・・。

ここはあえてアナログのストップウォッチを見ながら撮影というのもカッコイイ。
普通にタイマー付きのリモートスイッチ買えって。
買うんならそこらへんのものではなくミネルバ製だ!!
http://www.antiwatchman.com/H-7221

人には来て欲しいけれど来すぎるのも考えもの。
うーんつくづく難しい。

写真の極意、人の来ない場所、人の来ない時間帯に行動せよってのは正しいようだ。

●ホタル米

会場では長南町産のお米をホタル米として配布している。
ホタルが来るほど綺麗なところで育ったお米ですよ、というわけだ。
お気に召したら買って下さいということだ。

田舎なのでそういうことしか売りにはできないものの、悲しくなるくらい商売っけがない。
それも田舎の良い所か。

ホタル祭りは17日までやっています。
自分もホタルを見るのは何年ぶりかというくらい久方ぶりでした。
たまにはいいものだと思います。

http://www.chonan-machi.jp/?p=1465

ちなみにタイトルの悔しいは、自分の写真がピンボケで悔しかったということですよ。

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

One thought on “これは悔しい!長南町ホタル祭りへ

コメントを残す