バッテリーは純正しかないよなあ・・・

Pocket

バッテリー
私は非純正のバッテリーを買ったことは何回かあるが、それで成功した試しがない。
メイドインチャイナは言わずもがな、日本製、サンヨーセルを使っているというものでも、謳っている性能の3分の1でも使えれば良い方だ。
そういう製品のレビューを見るとちゃんと使える人は使えているようなので私の運が悪いということなのだろうけども、非純正のバッテリーほど、安物買いの銭失いがピッタリくる事象はない。



かなり前のことの上にうろ覚えなのだけども、デンソーだがどこかの会社が、海外で売っている製品があっという間に現地でコピーされて激安で出回るのはどういうわけか研究し、自分たちの製品に活かそうという話があった。
結論がどうたったかは分からないけども、私なりの考察は、人件費が安いのは当たり前だが、製品が目の前にあるのだから一からの設計がいらないことと、本来の製品に必要とされる高い品質基準が低いことではないだろうか。
品質管理にお金がかからないし(まったくかからないということはないだろうが)、不出来な製品でもよほどのことがなければ弾かないのだろう。
結果として安く仕上がるのではないだろか。



翻ってバッテリーである。
純正バッテリーは,、信頼性はちょっと劣ると思われる(私の偏見です)メイドインチャイナである。
私が買ったメイドインジャパン(一応使っているセルは)のものは結果として純正のメイドインチャイナより劣ることになる。
何が違うのか。
私は品質管理であると思う。
ちゃんと作り、検査してダメなものは弾き、ダメだった原因を特定してエラー率を下げる。
それらが機能していないからではないだろうか。
まあ、その結果かどうかは分からないけども、純正のバッテリーはやたら高い。
とはいえ、非純正で当たりを引くには運が必要だから(ガチャみたいだなwww 当たりを引く可能性はどのくらいだろうか。)私に当たりはきっと来ないのだろうけども。
だから私は金を出すしかないのでございます。

⇓あわせて読みたい

Pocket

コメントを残す