キャノンが新しい70-200mmF2.8とF4の白レンズを発表

Pocket

キャノンが70-200mmF2.8及びF4の新しいLレンズを発表した。
http://cweb.canon.jp/ef/info/ef70-200/index.html

 

稼働率では1.2を争う焦点距離であり、私も旧型にはなってしまったが、私もEF70-200mm F4L IS USMを使っているので非常に気になるところである。
というわけで、今回はEF70-200mm F4L IS USMⅡについて考えてみた。

 

↓新旧比較のメリット、デメリット。、
メリット
・SSC(スーパースペクトラコーティング)などのコーティングの見直しで、フレアやゴーストを低減
・フッ素コーティングで汚れの防止
・絞りが8枚羽から9枚円形絞りへ
・手ぶれ補正が4段から5段へ向上
・最短撮影距離が1.2mから1.0へ短縮
・ISモード3の追加(露光時のみに手ぶれ補正が効くモード)

 

デメリット
・フィルター径が67mmから72mmへと拡大
・重量が760gから780gへと重くなった(ほとんど変わらないかwww)。
使う分には大して気にならないとは思うが、一回り大きくなった。
の割に重さはほとんど変わらないのはさすがといえる?

 

 

 

11年半振りのバージョンアップなので、光学系も含めてもっとガラリと変えてくるのかなと思けども、まあ順当進化だ。
F2.8ではなくF4を選ぶ理由として軽くて小さくて振り回しやすいというのも重要な点であるから、今回わずかとはいえちょっと重く大きくなってしまったのは残念だ。
なので、16万円を出して旧型から今すぐ買い換えたいか?と問われたらちょっと迷うところだ。
ただ、スペックだけでは分からない実際の写りがスゴク良いのであればまたちょっと話は別だけども。
それだけ旧型の性能が良かったということではあるのだけども。

 

EF70-200mm F4L

 

現時点で70-200mmでF4通しのレンズを選べと言われれば、10mm望遠側が長く、より近寄れて写りも評判が良いタムロンを選ぶかな。
半額だしなあwwwww

 

 


Pocket

Jun 8, 2018