一眼レフって何倍ズーム?

Pocket

一眼レフを買おうと思った時、一番最初に引っ掛かるのが焦点距離ではないだろうか。
ほとんどの人が、いきなり一眼レフというよりは、コンパクト機からのステップアップだろうし、事実自分もそうだった。
コンパクト機にはあまり焦点距離は書いておらず、何倍ズームという表記になっていることが多い為、非常にとっつきにくいと思う。

最近発売された、キャノンの「PowerShot S100」で見てみよう。

ズームは光学5倍となっている。
ちなみにこの光学というのは、レンズを移動させることで行うズームのことで、画像劣化は無い。
一方レンズシフトによらず、画像を拡大していくだけのものをデジタルズームと呼んでいる。
デジタルズームでは画像劣化が起こる。

話を戻そう。
PowerShot S100の焦点距離は5.2-26.0mm(35mm換算:24-120mm)となっている。
35mm換算等については別に後述したいと思う。
5倍ズームというのは、望遠側の数値(26.0mm)を広角側の数値(5.2mm)で割った数値に過ぎない。
つまり、26.0÷5.2=5 というわけ。

一方一眼レフのズーム云々はレンズによる。
実際のレンズを持ち出すと、
一番出動率の高い、「EF24-105mm F4L IS USM」を例にとると。

焦点距離は24-105mmのズームレンズ(基本的に一眼レフのレンズは商品名に焦点距離が明記されている)となる。
ズームとしては、105÷24=4.375 となり、約4.4倍のズームレンズとなる。

もう一つ、「EF70-200mm F4L IS USM」では、

焦点距離は70-200mmのズームレンズとなる。
200÷70=2.857….となり、約3倍となる。

何倍ズームというのはあくまで相対的なものであり、焦点距離は絶対値となる。
この違いが若干分かりにくいと思うが、一旦焦点距離の方に慣れてしまうと、ズーム表記の方が分かりにくくなってくるはずだ。

今のところ一番ズームの大きいレンズを挙げておきたい。
「TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD」だ。

これ一本で18mm-270mmをカバーする(APS-C機用です)。
ズームは270÷18=15 15倍のズームレンズとなる。
一本で幅広い焦点距離をカバーでき、レンズ交換ができない場合などは非常に重宝する。
ただ、写りの面では、他のあまりズームの大きくないレンズには一歩譲るといったところか。

ズームが大きいレンズが高価というわけではないところが、一眼レフのレンズの分かりにくいところであるとも思う。
高いレンズは描写を突き詰めたレンズなので高価なのである。
だから逆にズームでない単焦点レンズの方が高かったりするくらいだ。

もっと詳しく知りたい方はコチラからどうぞ⇛人気ブログランキングへ

⇓あわせて読みたい




人気ブログランキング
Pocket

2 thoughts on “一眼レフって何倍ズーム?

コメントを残す