星空のインターバル撮影で軌跡がギザギザになっちゃう

Pocket

先の栴檀(センダン)の木の根本にカメラを据えてインターバル撮影を行った(実際はレリーズでシャッターを切りっぱなしにしているので、インターバル撮影ではなくシャッタスピードを落とした連写なのだけども)。

 

で、帰ってきて比較明合成を行うと、どうしても星の軌跡がギザギザになってしまう。
連続で撮っているし、ノイズリダクションなどの画像処理は切ってあるので撮影が途切れることはない。
なぜだろうと思って調べてみると、本当がどうかは分からないけども、シャッターが降りるのと上がる直前の光量の変化であることが分かった。
https://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/diary/7200

そしてその解決策も、「比較明合成」ではなく、加算+比較明合成をすれば良いことが分かった。
次に加算+比較明合成ができるソフトだけども、とりあえずとしてPhotoshopがあるけども、大量の写真を重ねるのには不向きだ。
で、リンクのコメントにもあった「Startrails」を使ってみることにした。
日本語版はないけれども、英語であればなんとなく分かると思います。
http://www.startrails.de/indexd.html

 

で、結果、わずかに変わるくらいか。

コンポジット
比較明合成。

コンポジット
等倍切り出し

コンポジット
加算+比較明合成。

コンポジット
等倍切り出し

わずかにエッジがなだらかになっている。
まあ、フリーソフトでやろうと思ったらこれが限界か。

コンポジット
で、最後にシルキーピクスに戻ってコントラスト調整。

 

ステライメージがいいというけども、3万円だからなあ。
それ専門でやるなら必須なのかもしれないけども・・・。
https://www.astroarts.co.jp/products/stlimg8/buy-j.shtml

本ちゃんサイトのダウンロード版より安いのはどういう理由だろうか・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステライメージ8
価格:25000円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)

 

 

ところで、最近のキャノンのコンデジには星空モードが搭載されている。
その中に、星の起動を鮮明に描くことができるとある。
コンデジは欲しくはないけども、どういう処理をやっているのかは興味がある。
やはり加算+比較明合成をやっているのだろうか。
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/features/star.html

コンポジット
おまけ。
コンポジット作成時にフェードアウトを選ぶとこなる。

⇓あわせて読みたい


Pocket

コメントを残す