養老渓谷もどきのくらもち滝の里で紅葉見てきたった 2

Pocket

さて、蔵持(くらもち)の紅葉2回め。
1回めと同じ日の夕方、いつもの通り7Dでの撮影となる。
さすがにこれを書いている現在は散ってしまっているけども、千葉で紅葉を楽しむなら12月頭くらいがオススメ。

朝とは光が変わることで、こんなちんまいところでもけっこう雰囲気が変わる。
それにモミジなどの葉っぱは逆光で撮りたい。
逆光で撮ることで、光が葉っぱを透過してきて良い色が出る。

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

くらもち滝の里

このように順光でもいいのだけれども、反射して白っぽくなってしまうのでPLフィルターがあった方がベターである。
この時は夕方の比較的柔らかい光であり、温かみを出したかったのでPLフィルターは使わなかったけども。

くらもち滝の里

くらもち滝の里

当然なのだけれども、フィルターは径が大きくなるとお値段も高くなる。
ちなみにこれ、アウトレット品で残り1個だそうです。

しっかし、くらもち滝の里は狭いので、広角で撮るとどうしても歩道やら手すりやらが入ってしまう。
かといって望遠だと結局どこで撮っても大して変わらないということになる。
長南町で写真を撮る難しさはそこである。
だからこそ、ネタをひねり出す訓練になるのだどもwwww

↓ 次のサイトからもっとたくさんの写真ブログへアクセスできます!

写真 ブログランキングへ

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

コメントを残す