笠森観音の帰りにマクラーレンMP4-12Cを捕獲。将来俺の乗るクルマはコレだったか!!

Pocket

笠森観音からの帰り、国道409号へ出ると向こうからやってくるクルマはなんとマクラーレンMP4-12Cであった。
自慢じゃないが初めてみた。
しかもこんなところでだ。
思わず後を追いかけたwwww



私の記憶が確かならば、MP4-12CはF-1以降マクラーレン初のロードゴーイングカーとなる。
ボディはカーボンで作られており、車重は1300kg強。
エンジンは3.8L、V8ツインターボで、600馬力(7000rpm)、61.2kgfm(3000~7000rpm)となっている。



1300kgnに600馬力だから遅いはずがない。
だが、MP4-12Cの特筆すべきは、異次元とも称されるその乗り心地である。
プロアクティブシャシーコントロールと呼ばれるそれは、前後左右のダンパー(ショックアブソーバー)を油圧回路でつなぎ、アクティブに制御する。
それだけでそんなに違うものかとも思うが、恐らく制御が匠なのだと思われる。
後ろからくっついて挙動を見ていた限りは、乗用車のそれではなく、かといってチューニングカーのようにガチガチでもない。
締まっていながらも鋭いショックは伝えない。
そんなスポーツカーの見本とも思えるような感じがした。

マクラーレン MP4-12C



難関とされる笠森観音(本当かどうかは知らないけども)で大吉を引いた後のマクラーレンMP4-12Cだ。
きっと将来はコレに乗るという暗示だとしか思えない。
値段はだいぶ違うものの、個人的にはアルファ・ロメオの4Cだと思っていたのだけども、どうやらマクラーレンだったようだwwwww
今度は実車に乗ってのインプレッションをお楽しみに!!

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

コメントを残す