空が青いから白をえらんだのです。奈良少年刑務所での取り組み

Pocket

最初にいっておきますが、この放送はヤバイので一人で聞くことをおすすめします。
私は番組の40分間涙が止まらなかった。
泣くことを醜態だとは思わないけども、オッサンが涙を流しているところなんて絵にならないことこの上ないwww
ストリーミングで聞けるのは2月28日までなので、お早めにどうぞ。
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/doga/19.html



「空が青いから白をえらんだのです」
たったこれだけの詩だ。
正直にいってしまえば稚拙であるとは思う。
良くいえば虚飾を排した素の言葉ともいえる。
でも、放送を聞いて背景を知らなかったら、きっとその前を素通りしていたと思う。
いかに物事の上っ面しか見ていないか、頭をぶん殴られるような思いがした。



この詩を書いた子は、薬物中毒の後遺症があり、自信がなくいつも下を向いているような状態だという。
父親が母親に暴力を振るっていたが、自分はまだ小さかったので守れなかったことを悔いていたという。
母親が亡くなる前、辛くなったら空を見てね。私はきっとそこにいるから、と。
この詩を発表した際、他の生徒から「自分は母親を知らない。でも空を見上げると会えるような気がした」「この詩を書いて親孝行ができた」 等共感を呼んだという。



授業を通し、生徒たちは目に見えて変わっていったという。
共感されたことが生徒たちを変え、逆にこれっぽっちの共感さえされなかったという、寮 美千子さんの言葉が耳に残る。
空
空が青いから白をえらんだのです。
そんな心の深い所に届くような写真を私は撮れるかなあ・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空が青いから白をえらんだのです [ 寮美千子 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界はもっと美しくなる 奈良少年刑務所詩集 [ 寮美千子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

コメントを残す