雨の日には写真を撮って・・・

Pocket

千葉県の市原の方では土砂降りで、道路がまるで川のようになっていたなんてニュースでやっていたが、その頃私は、ウヒャー雨だぜーとばかりに、写真撮ってたであります。
雨がそこそこ降っていなと雨を雨として写せないので、しとしと降っているよりは、強い方が嬉しい(もちろんしとしとだったらしとしとなりに撮るのだけども)。



諸説あるようだが、1/60秒前後のシャッタースピードが、人間の見ている世界に近いという。
そのくらいのシャッタースピードで撮ると、雨は線となり、滝は少し糸を引くような感じとなる。
雨を雨っぽく撮りたい場合は、暗い背景を選び、そのくらいのシャッタースピードで撮ると良い。
お試しあれ(もちろん、雨を水滴として撮るのであれば、もっと早いシャッタースピードが必要)。
雨

雨

雨

雨

雨

参考までに、こちらが滝の写真。
一応そのくらいは頭使ってるのでありますwwww
http://blacklizard3.sakura.ne.jp/wp/yokoyakyo-2/

スポンサーリンク

Pocket

Jul 20, 2016