やっぱりシグマはとんがってるなあ。SIGMA DP1 Merrill, SIGMA DP2 Merrill

Pocket

正直やると思っていた。
たぶんこれをやる為にあえてSD-1のセンサーサイズをAPS-Cサイズにしたのではと勘ぐっていたが、やっぱりやってきた。
車の世界でもそうだが、共通部品でまかなえる方が生産コストが安く済むのは自明の理だ。
http://www.sigma-photo.co.jp/news/120208_DPMerrill.htm

シグマのFoveon X3 Merrillセンサーには他社にはない特徴を備えている。

普通のデジカメのセンサーはベイヤー式と言い、それだけでは色を取り込むことのできないモノクロセンサーである。
その為、センサー表面にカラーフィルターをモザイク状に配し色を得ている。
しかし、それでは1画素当たり一色しか取り込むことができずに、他の色は切り捨てられる。
それでは本来の色など再現できようもないので、後処理で色を補完することで写真として出力している。
この結果、偽色が生じることがある。
その為、ローパスフィルターをセンサーとレンズ間に配してそれを防いでいる。
NikonのD800/800Eのところでも書いたが、だからこそ、ローパスフィルターの有無でどれだけの違いが出るかとても興味があるのだ。
http://takanobu.me/?p=919

変わって、シグマのFoveonセンサーは、光の波長を短い方から順に垂直方向に吸収するというシリコンの特性を活かし、カラーフィルターなしで3原色全てを取り込むことができる。
ゆえに偽色は発生しない、ゆえにローパスフィルターは必要ない。

しかし、あまりノイズには強くないなど、多少のクセがあるという。
ただ、ドンピシャではまった時の解像感は素晴らしいの一言だそうだ。
良くも悪くも使い手を選ぶのである。

コンパクト機であるSIGMA DP1 Merrill, SIGMA DP2 Merrillの他に一眼レフのSIGMA SD1 Merrillも発表された。
こちらは価格改定版とのこと。
以前より大分安くなっている。

また、以前のバージョンを買った方にはシグマ製品に代えることのできる、40万円分のポイントをくれるという。
ちゃんと消費者心理を分かっている。
http://www.sigma-photo.co.jp/news/120208_SD1Merrill.htm

↓ 次のサイトからもっとたくさんの写真ブログへアクセスできます!

写真 ブログランキングへ

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

One thought on “やっぱりシグマはとんがってるなあ。SIGMA DP1 Merrill, SIGMA DP2 Merrill

コメントを残す