ソニーのフルサイズミラーレス一眼、α9の性能がスゴイ!!

Pocket

ソニーの新しいフルサイズミラーレス一眼、α9が間もなく発売となる。
http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-9/index.html

毎秒20コマ連射、ファインダーを覆い尽くす(93%の領域をカバー)693点AF(オートフォーカス)、最速1/32000秒(電子シャッター時)のシャッタースピードなど、性能の向上が凄まじい。
私はいずれ一眼レフ(ミラーあり)は廃れると思っているのだけども、それは思ったよりも早いのかもしれない。



ミラーレスのデメリットである、バッテリー消費の多さとファインダーの追従性、AFの速度と正確さが解決されれば、正直ミラーレスに乗り換えない理由はないと思う。
バッテリーはとりあえずは容量の大きいものを使えばいいし、ファインダーの追従性とAFの速度も技術の進歩ですぐに解決されるだろう。
AFの性能はキャノンの1DXやニコンの5Dと同等という話もある。
http://digicame-info.com/2017/04/9afeos-1d-x-d5.html



一方で一眼レフ(ミラーあり)のデメリットである、連射性能の上げにくさとミラーショック(鏡を上げ下げすることで生じる振動で画像がわずかにブレる現象)とファインダーのブラックアウトは、解決しにくい問題だろう。
キャノンの1DXは毎秒14コマと頑張ってはいるものの、中で鏡がパタパタやっている以上は、このあたりが限界なのではないだろうか。
ミラーショックもミラーアップをすればいいのだけども、最初からミラーのないミラーレスにはそもそも不要な問題だ。
そろそろ私もミラーレスに移る頃合いだろうか。
先立つものがあればねwww

正直もっとお高いかと思っていたのだけども、50万円弱とそれほどでもなかった。
これじゃあキャノンやニコンは食われちゃうんじゃないか?

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

コメントを残す