旧車を動態保存してるトヨタ博物館ってスゲーーー!!

Pocket

大人の文化セミナーの前、トヨタ博物館を見学した。
http://takanobu.me/?p=2266

まあ目的はと言えば、小林彰太郎さんのフォトアーカイブ展で予習しとこうというわけである。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=714382158590494&set=pb.100000561489089.-2207520000.1383513960.&type=3&theater

展示車の写真はほとんどiPhoneで撮ってフェイスブックに上げていたので、よろしければこちらもどうぞ。
関係ない写真も多いけれども。
https://www.facebook.com/takanobu.hayashi1/photos_all

トヨタ博物館

トヨタ博物館

トヨタ博物館の看板というかオブジェの建っているところはちょっとした公園のようになっていて気持ちがいい。
看板の向こうに見えるものは、高速道路ではなくてリニモの線路である。
リニモはその名前から想像されるように、いわゆるリニアモーターで動く。
つまりはドラえもんのようにちょっと浮いているのだ。
走ってくる所を見ると、たしかに普通の電車のようにガタンゴトン音がしない。
時間があったら乗ってみたかったな。

トヨタ博物館のスゴイところは、本当に収蔵している全てがそうかは分からないけれども、動態保存している点にある。
古い車を動ける状態で維持するのはとても大変である。
機械をメンテンナンスし、たまには動かしてやらなくてはならない。
機械の状態はもちろんだが、人間だって動かせる技術がなくてはならない。
現代の車のようにキーを捻れば動くというわけにはいかないのだ。

そんなわけで、トヨタ博物館ではちゃんと動かしてみてくれる。
ただ、ホームページを見てみると、走行披露は不定期としか書いていない。
何が動くかは、行ってみて当日確かめるしかないのかもしれない。

http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/schedule/

トヨタ博物館

私が行った時は以下の3台だった。

●モーガン 3ホイーラー

モーガン

これは走行披露前に駐車場で押しがけしていたところ。
昔の車はエンジンを掛けるのも一苦労である。
クランキングで亡くなった人もいるし、命懸けと言っても過言ではない。

モーガン

3ホイーラーはその名の通り3輪、つまり3輪車である。
4輪車の前進だ。
3輪の利点は、4輪と比較して部品点数が少なくて済むところにある。
前2輪、後ろ1輪なのでう◯こを踏みやすいことでも有名だ。

モーガンは新しいのに古っぽいところが魅力だと思う。
写真のモーガンは古いけれども。
http://www.morganauto.co.jp/menu.html

●スチュードベーカーの何かwwww

スチュードベーカー

名前を聞いたけれども忘れた。
まあ、おかしな形状をしているwww
でもこういう自由さがアメリカっぽくて良いと思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

●ジャガー・Eタイプのコンバーチブル

ジャガー・Eタイプ

ジャガー・Eタイプ。
実に格好が良い。
車ってこうだよなあという気品が漂う。
素晴らしい!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%BBE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97

こうやって実働させてくれると楽しいですなあ。

↓ 次のサイトからもっとたくさんの写真ブログへアクセスできます!

写真 ブログランキングへ

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

コメントを残す