女性専用車両は男性差別化か?


先日、女性専用車両に男性が乗り込み居座るという事案が起きた。
なんでもその男性のいい分は、女性専用車両は男性差別化であるという。
果たしてそうだろうか。
https://www.asahi.com/articles/ASL2J64NML2JUTIL073.html

 

私は、女性専用車両を差別と同列に議論するのは間違いであると思う。
確かに、強制ではないにせよ、車両から男性を締め出して女性専用とする、その行為だけを見れば差別といってもいいかもしれない。
しかし、そうなった発端が女性が痴漢から身を護る為の自衛措置によるものだから、それらを是正せずに差別だなんだといっても始まらない話である。
今の所目にする痴漢対抗策としては、女性は男性が性的に興奮するようなものを着るな、くらいのものでしかない。
悪いのは明らかに痴漢をする男性であるにもかかわらず、女性が悪いかのようないいようだ。
いじめの原因はいじめられる側にあるといっているようなもので、対抗策になっていないだけでなく、盗人猛々しいといっても過言ではない。
結局有効な対抗策がないが為に導入されたのが女性専用車両であり、それは差別と論じるのは間違いであり、本当になくしたいのであれば痴漢を撲滅するしかない。
もちろん男性が皆痴漢をするわけではなく、ごく一部である。
しかし、やられる側からすれば(特に被害に遭われた方からすれば)、男性が皆痴漢予備軍と写ってもそれは仕方のないことだと思う。
差別というなら、そうやって女性を一部の車両に押し込めて良しとすることこそ差別ではないだろうか。

 

女性専用車両をなくしたいのであれば、痴漢を撲滅するしかない。
それをせずして女性専用車両に男性が居座るなんてことをしたら逆効果でしかない。
男性が一致団結して痴漢撲滅に乗り出せば、徐々に女性専用車両をなくせるのかもしれない。
少なくとも、大丈夫だと信用を得てからでしょうね。



Mar 13, 2018