撮影の際はWB(ホワイトバランス)にご注意を

Pocket

先日、町の公民館で開催された「デジタル写真勉強会」に参加した。
実際の所は人がいないから出てくれと言われたのだけれど、それでも30人くらいは集まっただろうか。
この町にこれだけの写真好きがいるとは思わなんだ。
町としても過疎化&高齢化著しい町に活気をとも思っているのだろうけども。

余談だが、同じく公民館で開催されていたカラオケ大会で駐車場が超混んでいた。
この町でカラオケ大会なんてやっていたとは知らなかったwww

●カメラの機能をよく知ろう

今回は一回目ということもあって、勉強会の内容は初歩の初歩。
オートでカメラまかせにばかりしていないで、機能にもうちょっとだけ詳しくなることで、写真をよりよく撮れるようになろうというものだった。
当然私は知っているのだけれど、まあきっちり勉強したかと言われれば否なので、これはこれでためになった。

今回カメラの機能をひと通り説明したが、主にホワイトバランス(WB)に主眼を置いていた。
ホワイトバランスについてはこちらを参照願います。
http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0012.html

大体の場合においてカメラのホワイトバランスはオートにしておけば問題ないのだが、自然な色合いで写そうとするために比較的あっさりした感じになってしまう。
そこでホワイトバランスを調整することで、つまりは光源の色はどんな色か人間が設定してやることで、例えば夕焼けを鮮やかに写すことができたりする。
もちろん設定を間違えれば変な色合いになってはしまうのだけれど。

というわけで、昼休みにホワイトバランスを変えて撮ってこいとのことだったので、久々のJPEGの撮って出しをした。
私は日頃はRAWで撮影し、ホワイトバランスは後で変えている。
撮影中に煩わしいことはできるだけしないのが私のスタンスだ。

オート
オート

快晴
快晴

曇天
曇天

蛍光灯
蛍光灯

白熱灯
白熱灯

だと思うwww

このなんともノスタルジー溢れるポスターが貼ってあるのは町の郷土資料館である。
子供の頃に一度だけ入ったことがある。
確か昔の農機具かなんか置いてあったと思う。
時間内であれば車での移動も可だったが、面倒なので歩ける範囲で撮っていた。
そういうのを見つけるのも腕ですよwwww

写真の話に戻ると、どの設定が良いだろうか。
好みもあるだろうけども、一番しっくりくるのは快晴だろうか。
こうやってホワイトバランスを意識することで、グッと写真が上手くなったように思えるので、どうぞお試しあれ。
って、後で変えてる私が言うのはどうかと思うのですがwww

最後にRAWで撮って後でホワイトバランスをいじったものを。
個人的には人の見た目に一番近くすることが基本だと思っている。
あえてそれを崩すことでの表現もあるのだけれど、その場合は明確なイメージを持っていないと設定を変える方に意識が引っ張られるのでご注意を。

RAW

で、明確なイメージを持ってやった結果、この手の写真で一番ふさわしいのはモノクロでしょwww ということになりましたwwww
今まで見てきたことを全てぶち壊すようなことをして、今回はこれで終わりです。

RAW

先日どこかで見たのだけれど、私が使っている7Dって、発売からもう4年も経つのね。
代替わりが激しいデジカメにおいてはかなりの長寿だ。
高感度の性能とか、確かに新しいものの方がどんどん良くなってるけど、まだまだ現役だ。
てか、値段もこなれて買い時じゃないだろうか?
いつ買うの?今でしょ!!

↓ 次のサイトからもっとたくさんの写真ブログへアクセスできます!

写真 ブログランキングへ

⇓あわせて読みたい




人気ブログランキング
Pocket

コメントを残す