出世したい人は愛宕神社へGO!

Pocket

出世祈願の神社として名高い愛宕(あたご)神社へ行って来た。
ちなみに、私は出世には興味ございません。
それは所詮他人の決めた競争だと知っているから・・・。

勝軍地蔵菩薩

勝軍地蔵菩薩。霊験あらたかなり、だそうです。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/4 1/160

参道

愛宕神社入り口とあったので、参道を登っていく。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/7.1 1/60

あれ、でっかい石段があるんじゃなかったっけ?と疑問に思いつつも登って行った。

クレーン

日に日に新たな建物が建てられていく。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/6.3 1/1000

曲垣平九郎

神社の境内にある曲垣平九郎の記念撮影看板。馬の方にはあんまり入りたくなな(笑)Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/4 1/400

出世の石段

出世の石段を上から。かなりの急勾配。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/7.1 1/60

どうやら別の方から登ってきてしまったようだ。
足の不自由な方にこの石段は辛いと思うので、裏の参道をオススメします。

で、せっかく出世の石段と謳っているのに、帰りに下るだけというのはなんとなく嫌だった。
なので、一度下ってまた登るという暴挙を行った。
出世に興味はなくても縁起はかつぐ自分であった。

出世の石段

出世の石段を下から。スゴイわこれは。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/9 1/40

ちなみに、愛宕神社のある愛宕山の標高は25.7m。
自然の山としては、東京23区内の最高峰となる。
今はビルしか見えないけれど、昔はさぞ雄大な眺めだったことだろう。

なぜ出世の石段と呼ばれるのかというと、徳川3代将軍家光が、馬に乗ったまま梅の枝を持って来いと命じた。
皆が失敗する中、丸亀藩士の曲垣平九郎(まがきへいくろう)が成功し、馬術の名人と褒め称えられたことに由来する。

狛犬

出世の石段の両脇に鎮座する狛犬。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/4 1/160

狛犬

ちょっと分かりにくいが、狛犬は左が口を開け、右が閉じている。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/7.1 1/30

ここで先日関帝廟を訪れた時に感じた違和感の正体が分かった。
ここには書かなかったけれど、関帝廟を訪れた時のこと。
http://takanobu.me/?p=937

関帝廟にあった狛犬は左が口を閉じ、右が開けていた。
一般に、口を開けている方が「阿(あ)」、閉じている方は「吽(うん)」を表し、合わせて阿吽(あうん)となる。
そして、阿が陽であり、吽が陰を表す陰陽でもあるという。
阿吽はサンスクリット語の「a-hum」から来ているとされ、実際の発音は違うかもしれないが、カタカナ表記でオウムと書く。
オウム真理教のオウムはここから来ている。
「あ」は始まりの言葉であり、「うん(ん」は終わりの言葉。
これで宇宙の始まりと終わりを表しているとか。

イエス・キリストは自分のことをα(アルファ)でありΩ(オメガ)であると言ったが、意味としては同じことである。
こんな偶然ってあるだろうか?

調べてみたら、狛犬の口の開閉に決まりはないようだ。
けっこう逆(どっちが正か分からないけれど)になっている例もあった。
だったら関帝廟で抱いた違和感はなんだったのだろうか。
もしかしたら、これには重大な秘密があるのかもしれない。

愛宕神社

愛宕神社の社殿。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/7.1 1/60

主祭神は火産霊命(ほむすびのみこと)〈火の神)となっていた。
防火を祈願している。

将軍梅

将軍梅。曲垣平九郎が手折ったとされる梅。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/4 1/200

児盤水

雰囲気のある池がある。児盤水(こばんすい)という名水が湧いているとか。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/4 1/100

猫

ぬこもおりました。人に慣れている。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/5.6 1/800

女坂

出世の石段の横にある女坂を下り帰途へつく。Canon EOS 7D,EF24-105mm F4L IS USM,f/5.6 1/40

こんなオフィス街のど真ん中にこれだけの自然が残っているのはスゴイことだと思う。
自然を敬う大事さを思わせてくれる。

自分の出世についての考えは「テレキネシス 山手テレビキネマ室」で読んだものが基本となっている。
このマンガは映画を持って人を幸せにしようというものだ。
非常に深く響くマンガであると思う。

【送料無料】テレキネシ...

【送料無料】テレキネシ…
価格:530円(税込、送料別)

出世についてはエイリアンで有名なリドリー・スコット監督による「デュエリスト」に絡めていた。
テレキネシスを読むと映画も見たくなる。

デュエリスト: 決闘者...

デュエリスト: 決闘者…
価格:3,761円(税込、送料別)

↓ 次のサイトからもっとたくさんの写真ブログへアクセスできます!

写真 ブログランキングへ

⇓あわせて読みたい

RSSフィードで更新をお知らせしています。登録いただきますと便利です。フィード登録

ポチッと応援オナシャス!!

contact us:takanobu@vesta.ocn.ne.jp
Pocket

td> td>

5 thoughts on “出世したい人は愛宕神社へGO!

コメントを残す