これがケムトレイル散布の決定的瞬間だ!!

 

5月某日。
早朝空を見上げると、一筋の飛行機雲が空を横切っていた。
長く伸びる飛行機雲を見やり、明日が明後日当たりは雨かなあなんて思いつつも先端に目をやると、それは今まさに作られている真っ最中であった。
しかしいつもと何かが違う。
吐き出される飛行機雲の前端、飛行機から出たすぐ後ろの所が少し色づいて見えたのだ。
急いでカメラを取り出し、ミラーレスのカメラにいつも付けているレンズの望遠端、200mm(35mm換算320mm)にて撮影したのが下の写真である。
ケムトレイル

はっきりと虹色になっているのがお分かりいただけると思う。
ケムトレイル

画像は荒くなるけども拡大。

 

ケムトレイルという言葉をご存知だろうか。
ケミカル・トレイルの略で、通常の飛行機雲のように水蒸気によるものではなく、意図的に化学物質を放出することで形成される。
ケムトレイル自体はかなり前から報じられており(主にムーにてwww)、これが見られる地域では原因不明の健康被害が報告されているという。
普通の飛行機雲とケムトレイルを見分ける方法は、通常のものであれば速やかに拡散して見えなくなってしまうが、後者は長く残り、拡散しても薄雲のようになるという。
また、飛行機雲自体の形も特異であり、何本も連なっていたり、格子状などの幾何学模様を取ることもあるという。

 

そして最近報告されるようになったのが虹色の飛行機雲である。
恐らくは以前ものとは成分が異なっており、多少の油分(もしくはそのような性質を有するもの)を含んでいると思われる。
水面に油を垂らすとユラユラと虹色に輝く。
それと同じように、空気中の水分を屈折、反射させていると思われる。
私が見た飛行機雲はその後どうなったかというと、拡散し薄雲となった。
間違いなくケムトレイルである。

ケムトレイル

ケムトレイル
我が長南町でも、謎の健康被害が報告される日も近いかもしれない。
信じるか信じないかはあなた次第。

 

ちなみに他でも虹色の飛行機雲の目撃例はある。
リンク見てがっかりしないようにwww

4 COMMENTS

三毛猫

ケムトレイルが沢山の時は、花粉症が酷く、撒かれていない時は、花粉症の症状が無い。乳幼児突然死の原因が、うつ伏せ寝と言われていた時期が有ったけど、ワクチン原因説も有りますね。私は、ワクチンが原因と思います。製薬会社の株主とテレビ局の株主も同じ人物だと思うんです。菅の息子の一件で、テレビ局が、外資まみれって事が、国民の目に晒されました。珍頃枠珍で、遺伝子組み換え人間に~。真実を伝えても、信じる人は、極々僅か。実験で使われた猫も鼠もイタチも皆死んだ。枠珍接種した人達も猫達みたいに死んじゃうんだね。生き残った人達は、同じ製薬会社の抗自己免疫疾患薬を一生使い、病院通いの日々になるんだね。治験終了予定は、再来年1月31日。つまり人体実験というより、計画的な組織犯罪って事。

返信する
林 孝信

ケムトレイルと花粉症の関係は分かりませんが、個人的な意見としては、もし何かしらの薬剤を撒くのであれば夜中にやるのではないかと思うのです。
あんなに目立つ方法でやるのはちょっと解せないのです。
まあ、素人には思いもつかない理由で、あえて目立たせているのかもしれませんが。

ワクチンに関しては、疫病を収束させた事実がある一方で、人口や寿命の調整等良からぬことが噂されております。
どちらが真実かは、正直私には分かりません。
ただ、直近の新型コロナウィルスに関しては、接種回数が増えて集団免疫が獲得されれば、打つ打たないの選択ができるくらいには収束してくるのではないでしょうか。
治験の期間が短すぎて、現実的に人体実験になっている事実は否定しません。

遺伝子組み換え作物については、人体には安全でも(短期的に見てですが)自然界への影響は大きいと考えております。
自然界でも遺伝子組み換えは起きますが、人間が起こすような急激な変化は相応の負荷をかけると思います。
少量であれば問題はなくても、大規模になって来た時にどうなるかは分からないというのが正直なところであると思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。