お天気雨は狐の嫁入りだけど、お天気雪は何て言うんだろうか?

Pocket

先日、生まれて初めて(記憶に無いのでたぶん初めて)お天気雨を見た。
お天気雨は何度もあるのだけれど。

お天気雨のことを俗に狐の嫁入りという。
お天気雨の時に狐の嫁入りがあるからだそうだ。
狐の嫁入りとは、無数の狐火が一列に連なって提灯行列のように見えることを言う。
狐が婚礼の為に提灯を灯しているからなのだとか。

お天気雨の時に現れるというところから、何か自然現象で説明が付きそうなものだけれども。
狐火と一緒にして良いかどうか分からないが、人魂は自然に発生するプラズマだと言われている。
人体に含まれるリンが燃えているというのもあるが、火葬してしまう現代では見たくても見られないものである。

お天気雪に関して狐の嫁入りみたいな俗称が無いか調べてみたら見当たらなかった。
まあ、気温の低い時に狐の嫁入りに違いないのだけれどwwwww

IMG_7611

IMG_7609

IMG_7606

雪の写真というよりは、間違えて高感度で撮っちゃたの?というような写真だwww
ちなみに、一番感度の高いものでもISO800だ。

IMG_7623

雪はすぐに晴れてしまった。
雪がたくさん降る所ならば頻繁に見る機会もあるのだろうが、千葉じゃ雪が降ること自体年に数回しかないので、珍しいのでございます。
雪が降ると面倒くさいだけなのだけれど、やっぱりワクワクしちゃうんだよなあwwww

狐の嫁入りでこんなのが引っかかったwwww

↓ 次のサイトからもっとたくさんの写真ブログへアクセスできます!

写真 ブログランキングへ

⇓あわせて読みたい




人気ブログランキング
Pocket

2 thoughts on “お天気雨は狐の嫁入りだけど、お天気雪は何て言うんだろうか?

コメントを残す