平成最後の贅沢にカランダッシュ

Pocket

平成も間もなく終わり、令和に移ろうという昨今、前々から欲しいなと思っていたカランダッシュのボールペンを買った。
カランダッシュはロレックスのように、ガワのデザインや中身は同じだけども使っている材質の違いで凄まじいほどのピンからキリが離れている。
ピン



以前はもう一桁お高いのがあったかと思ったけども・・・。

キリ


というわけで、外で使うようにキリに限りなく近いモデルをチョイスした。
だが、キリの中でもデザインは無数にある。
数ある中でコチラをチョイスした。



カランダッシュ

カランダッシュ

カランダッシュ
このモデルはネスプレッソのカプセルを再利用したもので、そのコンセプトに感銘を受けた。
パッケージも再利用を考慮してのダンボールである。

カランダッシュ
「MADE WITH RECYCLED NESPRESSO CAPSULES」
シンプルなデザインと色味がとても良い。
まるで夜明け前の空の空の色のようだ。

こんな感じの色(一番下の写真ね)。

世間一般の価値観から考えてボールペンごときに5000円は正直高いと思うが、それが惚れちまった弱みなのだろう。

カランダッシュ
ネスプレッソの材質はアルミで軽量だ。
表面はザラザラと梨地状の塗装がなされていて、これが滑り止めのような効果も出している。
結果、鉛筆のような形状と相まってとても書きやすいモデルとなっている。

カランダッシュ
私は以前からもうちょっと高級路線のエクリドールシリーズを使っていた。
が、これ、あまりにもギラギラしていて正直外で使うのはちょっと憚られる(自意識過剰www)
だから今回もうちょっと落ち着いた849シリーズから選んだわけだが、エクリドールはエクリドールで、この感触はたまらないものがある。

 

エクリドールは849とは違いとても重厚だ。
はっきりって重く、その上表面がツルツルしているので早描きには適さない(というか書きにくいwww)。
それが結果として優美な書き姿を生む(と思う)。
それはまさに書くというよりは滑らせるという表現がピッタリだ。
でも、私にはちょっと品格が足りないので、今回はもうちょっと安いモデルを、となった次第。

 

おっ、カランダッシュですね?
しかもこれはネスプレッソのやつですよね?って、誰か言ってくれないかなwww
私が他の人が使っているのを見つけたら言ってあげるのにwwww

 

おまけ。
カランダッシュ
カランダッシュは使い始める前にチューニングが欠かせない。
カランダッシュは先端にリフィル(替芯)を押し戻す為のバネが入っているのだけども、それが偏心しているのか、芯がペンの側に押し付けられる位置がバネの位置によって変わってくる。
ペンをクルクル回しながら書いてみると分かるのだけど、ある位置によってはちゃんとガタの無い素晴らしい書き味を示してくれるのだけども、ちょっと回して位置を変えると芯がガタつく。
カランダッシュ
私はいつもクリップが時分の側に来る位置で持って書くので、その状態でペン先がガタガタしないようにしたい。
やり方は簡単だ。
先端に入っているバネを一旦出し、ちょっと回して再度挿入する。
それを繰り返し、ガタのない位置が来ればOKだ。
高級ボールペンにあるまじきことを言っているような気がするのだけども、高級品というのはそういうものだと私は思う。
コチラがモノに合わせるのが高級品だ!!

 

ちなみに、ガワがピンだろうがキリだろうが中身は一緒ですwww



滑らかな書き心地に定評のあるゴリアット。
線なら8km書けるとうたう。
本当にスゴク長持ちするので、普通に使っても交換は年単位になると思われる。


Pocket

Apr 18, 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。