千葉の街なかをぷらぷらぷら

先日、スマホのバッテリー交換に千葉へ行った。

 

作業を待っている間、ごはんを食べただけでは時間が余った。
もともとヨドバシカメラに行く予定だったので、時間を潰すには特に問題はなかった。
のだけども・・・行ってみたら、ビルの点検とやらで、ヨドバシカメラの入っているビルが全閉鎖となっていた。
オー・・・・。
仕方がないので、千葉の街なかをプラプラした。
そういえば、こうやって千葉の街なかを歩いたことってなかったなあ。
写真はスマホ(AQUOS sense3)にて。

千葉

千葉

千葉

千葉

ペリエ千葉の屋上。
周りはビルに囲まれてしまっていて見渡せない。
もっと周囲が見渡せるとおもしろかったのに。
屋上に保育園があるって、なかなか不思議な光景だ。
都会だと当たり前なのかな?

 

 

千葉

千葉

川(名前は分からないけども、恐らく都川の支流)の上を行く千葉都市モノレール。
せっかくならチーター号か俺ガイル号に来てほしかったな。
受動喫煙号とか、嫌な名前だなwww

 

千葉

千葉

千葉

モノレールも決して新しくはないのだけども、なんとなく未来の乗り物という感じがする。
若干古めの建物の中に、ちょっと未来っぽいモノレールの駅舎が突然現れる。
新旧が共存しているようでおもしろい。

 

銚子旅行以降、近旅のおもしろさに気付いてしまった。
知った所でも(結果的に知らないのだけども)、自分の足で歩いてみるととてもおもしろい。
「面白い」という言葉は、目の前が白は明るくはっきりしている様子を表しているという。
それが転じて、楽しい、心地いいなどの明るい感情を表すようになったという。
知らなかったものが明るく、はっきりしていく様は、正に面白いといえるのだろう。
ヨドバシカメラが閉まってて結果的には良かった・・・のか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。