きみの膵臓を・・・・・食ったあああぁあ!!

カマキリ

食いたい・・・そんな言葉は使う必要がない。
なぜなら、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には実際に食っちまって、もう既に終わっているからだ。
だから使ったことがない!
「食いたい」と心の中で思ったのなら、その時スデに行動は終わっているんだッ!

カマキリ
ま、冗談はともかく、先日2匹で何かやっているカマキリを見つけた。
何やってんだ?と思って見てみると、一匹がもう一匹を鎌で確保し、ムシャムシャ食っているではないか。
これが、交尾が終わった後に逃げ遅れた雄が雌に食われちゃう噂の現場か!?
見ると雄はまだ生きていて、まだ逃げようという意思があるのかモゾモゾ動いている。
せっかくなので写真を撮らせていただいた。

カマキリ

カマキリ
足をポポッキーが如く、端からムシャムシャ食っている。
ただ、私が動くと雌が食べるのを止める。
ということは、私がここにいると雄の苦しみが長引くことになるので、そこはなんとなく同情を禁じ得ない。
なので、足一本食い終わって胴体に噛みつきだした所で立ち去ることとした。
合掌。

 

恐らくこういう生態にも、人間には計り知れない意味があるのだろう。
自然の摂理とはスゴイものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。