与一郎の春

 

長南フォトクラブの方に誘われて、市原市の一本桜、与一郎桜を撮りに行ってきた。
夜のwww
昼間にロケハン開花状況を見て下さったそうで、他の桜は散っているのも多い中、与一郎桜はまだ大丈夫だった(撮影は4月8日ですので、今はもう散っちゃってると思います)。

与一郎桜

絞り:F4 シャッタースピード:20秒 ISO感度:2000 焦点距離:33mm

初めて来たけども、とても立派な桜だ。
有名な桜なのだけども、夜なので幸い誰もいなかった。

与一郎桜

絞り:F2.8 シャッタースピード:25秒 ISO感度:2000 焦点距離:17mm ソフトフィルター有り

与一郎桜の上に北斗七星が輝く。
今回新兵器を用意した。
ソフトフィルター使用と書いたけども、今回はこれを初めて使ってみた。

 


 

今までのソフトフィルターは確かに星をキレイには撮れるのだけども、他の風景まで滲んでしまい、いわゆる星景写真を撮るにはイマイチだった。
そこでソフト効果を半分にし、星は滲ませて強調できるけども、他の風景にはそこまでソフト効果はかからずシャープに写せるようにしたものだ。
今回あえて家の灯りも入れて写してみたけども、このくらいであればあまり嫌らしくなく許容範囲だと思う。

与一郎桜

絞り:F2.8 シャッタースピード:25秒 ISO感度:2000 焦点距離:17mm

ちなみにこちらがソフトフィルターなしのもの。
比べるとフィルター有りの方はだいぶ家の灯りも滲んではいるけども、まあこのくらいであれば大丈夫だと思うし、桜もそんなにボケてはいない。

与一郎桜

等倍切り出し、ソフトフィルター有り。

与一郎桜

等倍切り出し、ソフトフィルター無し。

与一郎桜

等倍切り出し、ソフトフィルター有り。

与一郎桜

等倍切り出し、ソフトフィルター無し。

私は基本星景写真なので、プロソフトンクリアは使えるフィルターです。

 

後でフォトショップで星だけ滲ませるのもできるのだけども、個人的にはフィルターを使った方がキレイに滲んでくれると思う。
何より後処理が面倒臭い。
まあ、そこは人それぞれだとは思いますが。

与一郎桜

絞り:F2.8 シャッタースピード:45秒 ISO感度:2000 焦点距離:10mm

魚眼レンズに変えて。
本当は天の川や比較明合成(星がグルグルした写真)を狙っていたのだけども、雲が出てきてしまったのでそっちの方に切り替えた。
動きがあって面白い。

与一郎桜

絞り:F2.8 シャッタースピード:30秒 ISO感度:1600 焦点距離:10mm

月の方へ向けて。

与一郎桜

絞り:F2.8 シャッタースピード:5秒 ISO感度:3200 焦点距離:10mm

ちょっとシャッタースピードを抑えて。
暗くなるので桜はLEDライトで照らしてみた。
月もあるし、街の灯りで比較的空が明るいので、長時間露光ができれば照明は無い方が自然に写って好き。

与一郎桜

絞り:F2.8 シャッタースピード:30秒 ISO感度:3200 焦点距離:10mm

少し連射しておいて、北斗七星の部分の雲がちょうど抜けたものをチョイス。
普通は避けるのだろうけども、どうせ雲があるのだから飛行機もアクセントとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。