楽天モバイル Zenfone3の下取り 6100円→3600円→1080円

メインのスマホがAQUOS sense 3 liteとし、サブはZenfone5となり、Zenfone3が不要になったので下取りに出した。

 

楽天モバイルのスマホ下取りサービス。

 

ちなみに、下取りに出すZenfone3は以前バッテリー交換の為に赤坂のASUSストアに持っていったものとなる。

 

ネット上でキャリアやIMEI番号(製造番号)を入力すれば機種を引っ張ってきてくれるので手間がない。
すると、ネット上の査定で6100円と出た。
あら、意外に悪くないじゃないの、と、下取りを申し込んだ。
すると、数日してこれに入れて送れと、緩衝材(プチプチの袋)とゆうパックの封筒が送られてきた。
14日以内に送り返せとのことだったが、書類に身分確認証(運転免許証)のコピー貼って速攻で送り返した。

 

また数日して、下取りに出したZenfne3が送り返されてきた。
??と思い開封してみると、書類の不備とある。
なぜ?
書類を見てみると、本人確認書類や各種ロックが解除されている等のチェックマークと本人署名をまったく記入していなかった。
俺はアホか!!
だって、表に住所氏名や機種等の情報が印刷されていたので裏面を見なかったぞ。

 

やれやれと思い再度下取りにを申し込もうと思うと、2周間待てという。
なぜだ!?
仕方がないので、2周間待って再度下取りを申し込んだ。
すると、今度は3600円と出た。
たった2週間で半分くらいになっちったじゃあないか。
まあ、良いやと、申し込む。

 

以前と同様にゆうパックが送られてきたので、今度はきちんと署名等を行って速攻で送り返す。
数日後、メールに最終的な買取価格が送られてきた。
曰く、画面焼けがあるので、買取は1080円になるとのこと。
楽天モバイル
パッと見よく分からないけども、画面中央の横に入っている線がそうなのだろうか?
まあ、4年使ったし仕方ないか。

 

買い取ってもらうか否かの最終判断はここで行う。
ちょっと迷ったが、取っておいても仕方がないので買い取ってもらうこととした。
随分安くなってしまったが・・・。

 

で、その後またちょっとして楽天キャッシュで1080円が送られてきた。
楽天キャッシュは楽天のサービスで使用できるいわゆる電子マネーで、換金もできるようだけども、楽天キャッシュのプレミアム型へ以降しなければならず、しかも現在停止中だというからよく分からない。
まあ、私は買い物で換金せずに(多分できない)使っちゃったけども。

 

最終的な買取価格はうーんと思ったけども、思ったよりも手間はなくちゃんと対応はしてくれたのでサービスとしては悪くないと思う。
私のZenfone3が再販されて中古として出回るのか、買い手がなくて部品取りや廃品になって都市鉱山の一部になるのかは分からないけども、家で眠らせておくよりはずっと良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。