広角レンズ下から取るか上から取るか

タイトルに他意はございません。
悪しからず。

 

さて、キャノンの新しいミラーレスカメラ、EOS R6を買おうと決めたはいいのだけども、広角レンズを一本買わなくてはならない。
キャノンのAPS-Cの画角は、レンズの焦点距離✕1.6倍となるので、フルサイズ用の広角レンズだと広角にならない。
なのでAPS-C専用のレンズ(10mmスタート等)が必要なのだけども、これをフルサイズに使うと、レンズのイメージサークルより画像素子の方が大きいので、光の当たらない部分は暗くなる(ケラレ)。
というわけで、フルサイズ用の広角レンズが必要となるのだけども、どれを買おうか迷っている次第。
候補は以下の3本。

 

1.シグマ 14mm F1.8 DG HSM

非常に明るい広角レンズ。
星撮り用に欲しいと思っているのだけども、一眼レフ用なので、新規に買うのはどうかなあと迷っている。
前玉が飛び出しているいわゆる出目金レンズなので、ねじ込み式のフィルターは使えない。
レンズの前面にホルダーにで取り付ける角型のフィルターか、

EFレンズからRFレンズのマウントアダプターに、フィルターをドロップインできるものがあるのでそれにするかだけども、可変NDフィルターとPLフィルターのものしかなく、新しいものが追加される気配がないので買うか迷っている。

それに、普段使いには持て余しそうな気がする。

 

2.タムロン  SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2


F値は2.8の通しだけども、普段使いと値段は申し分ない。
だけども、これも一眼レフ用なので、将来的にミラーレス用のレンズに買い換えるかもしれないことを考えると無駄のように思える。
シグマ 14mm F1.8 DG HSMのようにこれも出目金レンズなので前玉にねじ込み式のフィルターは付けられないのだけども、後玉(マウントの直前)にフィルターを入れられるようになっている。

 

3.キャノン RF15-35mm F2.8 L IS USM


ミラーレス用なので将来性も問題なく、出目金レンズではないので前玉フィルターも使用できる。
使い勝手、将来性を考えるとこれが最右翼となる。
なるのだけど、高けーwww

 

さてどうしたものか。
私がR6買うまでにタムロンが良い広角レンズを出してくれないかなあ。
期待しております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。