ソロタビノススメ

だいぶ遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 

ゆるキャンの2ndシーズンが始まった。

 

相変わらず、この時期特有の頭の冴えるような冷涼な空気感を伝えるのがうまい。
ストーブを付けていなければ自分の部屋も寒いので、まるでそこにいるかのようだ。
緊急事態が出された現在、いつもより余計に旅情を誘う。
大手を振って外出できるようになったらどこに行こうかな。

 

ツイッターを見ていると、この冬の新型コロナの感染拡大はgo toトラベルによるものか否かと二分されているように見える。
また、一人旅行のみを推奨するような形にすれば良かったとも。

 

go toトラベルが原因か否かについては、政府がろくな追跡調査をせずに、現状から推察するような形に放置しているのが悪い。
エビデンスがないとか何とかいっているが、調べていないのだからあるわけがない。
それでも現状から推察するに、都市圏においては市中感染といえるほどに蔓延していたのではないだろうか。
旅行に行って知らない人と飲み食いしつつバカ騒ぎする機会はあまりないから、一緒に行った誰かが感染しており、仲間内に広げて帰ってきたのではないだろうか。
そして、個人で民間の検査を受ける人が多くなり、無症状者があぶり出されているのだろう。
謎々効果によりアジアの人たちは重症化しにくいようだけども、ヨーロッパやアフリカで発見されている変異株が広がれば(恐らく広がるだろう)どうなるかは分からない。
原因が分からないから、そこは賭けでしかない。

 

一人旅であればもちろん上記のようなことは起こりにくいだろう。
でも、共同浴場のようなマスクを外して場を共用するような場面は危ないように思う。
浴場は湿気があるので感染はしにくいのかもしれないけども、私は避けるようにしている。

 

結論としては、感染のリスクは旅行先や移動中に何をするかであり、その意味ではgo toが原因ともいえるし、いえなくもない。
しかし、国が旅行へ行くことをお墨付きを与えて感染を広げやすい土壌を作ってしまったのは確かである。
それを感染が収束してない、拡大が予見されるような状況で始めてしまったのは明らかな失態であると思う。

 

一人旅の推奨云々についてはあまり意味がないと思う。
というのは、行った先で人がいっぱいいれば同じことだし、少数派だから利幅が薄い。
多人数が行くようにならないと、観光業は厳しいだろう。

 

突然だけども、漫画「銀と金」に強欲画商を嵌める話が出てくる。

 

仕掛けはうまく行き大金を手にするのだけども、これを続ければ無限に儲けられるという相方に対し、主人公森田は一度切りでやめるという。
どうやったって二回目は一回目よりもなめる気持ちが出るから、と。
世にある盗みや詐欺などの犯罪は、よほど下手を踏まない限りは一回目で捕まる例はあまりないと思われる。
何回か続けるうちに下手を打つ(一回目は捕まらないからやって大丈夫という話ではありませんよ)。

 

新型コロナもそれに近いもの感じる。
大丈夫じゃん、感染しないじゃんと旅行や会食を繰り返し、油断し感染するのである。
半ば知識があるが故に愚を犯す。
一般市民にはやめろといっておきながら自分たちは会食やパーティーを繰り返す議員連中も、いずれその愚に陥るだろう。
人の心の隙を付く、本当に悪質で優秀なウィルスだと思う。
まあ、ウィルスはそこにあるだけで、そんな意志なんかないのだろうけども。
とはいえ、結局誰が悪いかというと、コロナ対策と経済対策を中途半端に行いズルズルと長引かせるという一番やってはいけない方法と取った政府だろう。

 

全然ソロ旅ススメてないですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。