初めてのヤマハはどんな味だろう

最近寝ながらラジコや音楽を聞いたりするようになり、枕元にスピーカーが欲しくなった。
音質も良いし、先日買ったBOSEのポータブルスピーカーで十分なのだけども、バッテリーを食うのがあんまり気持ちよろしくない。

 

使える時間が短いとかではなく、バッテリーを使えばどうしても劣化は避けられないので、交換までのサイクルはどうしても短くなる。
交換がいくら掛かるかは調べていないけども、恐らく1万数千円だろう。
それがどうにも嫌なのでございます。

 

で、結果どうしたかというと、ディスプレイの下に押し込んであるBOSEのサウンドバーを枕元に移動し、新しく購入することとした。

 

新しく買ったのは、ヤマーカ(ヤマハのイタリア読み。というより発音か)のサウンドバー、「SR-C20A」とした。

なぜBOSEを移動することにしたかというと、地デジなんかで使われているAAC(MPEG-2 AAC、MPEG-4 AACというのもあるが、それは4K等に使われているという)が対応していない。
厳密にいうと、音声の遅延(映像より音声がちょっと遅れる)はあるものの、使えてはいた。
いたのだけども、気まぐれでアップデートしたら全く使えなくなってしまった。
その際は、レコーダーの音声設定でAACをBitstreamからPCMに変えれば音が出るようになるし、AACをがまだ使えた時でも音声の遅延はなくなった。
じゃあそれで良いじゃんと思うのだけども、PCMにすると若干音がもっさりするような印象になり、ちょっと損した気分になってしまう。
恐らく、レコーダー側でAACからPCMに変換する際に何かあるのだと思う。
面倒ではあるけども、その都度BitstreamとPCMを変えるということもできるけども、録画に入ってしまうと変更できないという何とももどかしい仕様。
で、どうしようかなとずっと思っていたのでございます。

結果的にヤマハのものにしたのだけども、正直これに決定するまでけっこう迷った。
場所的にサウンドバーに限るのだけども、候補に上げたのは以下の製品。

 

BOSE TV Speaker


スピーカーの間にツイーターを配置して音質を上げたよ、というもの。
メールでBOSEに聞いてみたら、AACには対応していることのことだった。
遅延もあるか聞けばよかったのだけども、それはしなかった。
他の人のレビューなんか見ていると、遅延はあるようだ。
表向きAACに対応していると書いてないので、やめることにした。

 

JBL Bar 2.0 All-in-One


こちらも表向きAACに対応しているとしていないことと、挙動がイマイチらしいということでやめた。

 

DENON DHT-S216


デカイのでやめたwww

 

ソニー HT-S200F


ソニーの音があまり好きではない(個人の感想です)のでやめた。

 

で、やはりオーディオや楽器メーカーがよろしかろうと思い、ヤマハとした次第。
初めてのヤマハはというと、なかなか良いと思う。
一応、それまで使っていたBOSEとの比較になるのでそこはご了承下さい。

 

・中高音はちょっともっさりする。
サウンドバーという形式では仕方ないのかもしれないけども、中高音がちょっともっさりしている。
もう少しクリアになってくれればBOSEと遜色ないと思う。
エイジングが進めばちょっとは変わるのかな?

 

・低音は一番強めてBOSEの±ゼロくらい。
サブウーファーが付いているので低音の出は悪くないのだけども、一番強めてBOSEの±ゼロ位となる。
逆に一番弱めると、高音のシャリシャリした音だけ残る(誰がこんなの使うのだろう?)。
BASS EXT(Bass Extension)という、低音を強めるボタンがあるけども、それをオンにすると人の声が不自然になった。

それなりに低音は出ているのだと思うが、総じて迫力に欠ける。
それは恐らくバランスが良いのだと思う。

 

・サラウンド感はそれほど変わらない。
普通のテレビの音声(さわやか自然)で聞いてみただけだけども、それほどサラウンド感は変わらないと思う。
スピーカーが中央に寄っていた(外側に向いていたけども)BOSEに対して、左右両端近くに配置されている違いくらい。

 

・クリアボイス。
音声を聞き易くなるクリアボイスというボタンがある。
押すと中高音を強める(低音を下げる)ような処理と成り、確かに聞きやすくなるとは思う。
でもまあ、いらないかな。

 

・4つのサウンドモード。
「STEREO」「STANDARD」「MOVIE」「GAME」と4つのサラウンドモードが用意されている。
といいつつ、サラウンド感は確かめていないのだけども、テレビを見る音質に関しては「STANDARD」が一番良いと思う。
音声が聞き易い。

 

・ボリュームはちょっと荒い。
もう少し細かく刻んでくれた方が良いと思う。

 

・表示がよくわからない。
これはまあ、表示窓のないサウンドバーの宿命だろう。
詳細を見たかったらアプリを使えという仕様となっている。

 

・AACの音声遅延はなし
これは良かった。
というか、それが普通だろwww

 

もうちょっと頑張ってくれたらと思うことはあるけども、総じて満足している。
テレビのスピーカーとは比較にならない位良い音だと思う。
さすが楽器やオーディオメーカーのヤマハさん。
なかなかやるじゃあないか!!

ヤマハ サウンドバー
排気口(パッシブラジエーター)がYマークwww

ヤマハ サウンドバー
このように、ディスプレイの下に鎮座しております。
スピーカー前部に一枚挟んで若干上向きにしてある(見た目はあんまり良くないけどもwww).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。