ポビドンヨード(イソジン)が無ければ掘ればいいじゃない!!

大阪府と大阪府立病院機構「大阪はびきの医療センター」は4日、新型コロナウイルス陽性の軽症患者41人に対し、「ポビドンヨード」の成分を含むうがい薬(いわゆるイソジン)で1日4回のうがいを実施したところ、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したとする研究成果を発表した。
同センターによると、患者には毎日、唾液検体によるPCR検査を行い、4日目の時点でうがいをした患者の陽性率が9.5%だったのに対し、うがいをしなかった患者は40%だったという。
日本経済新聞より。

 

その後、店頭からうがい薬が消えた。
マスクやトイレットペーパー騒動の再来である。

 

また、メーカーである明治ホールディングス等の株価が上昇した。

 

で、実際の効果なのだけども、限定的な上に害の方が大きいと思われる。
確かにポビドンヨード溶液には殺菌効果がありほとんどのウィルスを殺せる(破壊)が、同時に有用菌も殺し粘膜も痛めてしまう。
結果、最近やウィルスに感染しやすくなってしまうという。
そもそも、口腔内やのどのコロナウィルスを殺したところでそれはごく一部分であり一時的なものだ。
もしそれで飛沫による感染防止をしたければ、年がら年中うがいをしなければならないし、ウィルスの体内への侵入防止を図りたければ、それは喉等への付着直後となる。
そんなのまず無理であるし、上記のように粘膜を痛めてしまうだろう。
余談だけども、手のアルコール消毒もやりすぎれば肌や有用菌を痛めて肌荒れを起こし、逆にに雑菌の温床となってしまう。

 

また、ヨードの入った製剤は甲状腺ホルモンに影響を与え、甲状腺機能異常を起こすリスクが予想されるという。

 

ポビドンヨード溶液のコロナウィルス対策としての使用は、百害あって一利なしのようである。

 

ところで、吉村知事ははなんでこんな拙速な会見を行ったのだろうか。
巷でいわれているように、陽性率が全然下がらないから唾液によるPCR検査前にポビドンヨード溶液でうがいをして陽性率を下げる目的とか、会見前に明治ホールディングス等の株を買っておいてボロ儲けしたという、インサイダーまがいをやったという方が信憑性が高い。
そう思えてしまうほど、下らないことをやらかした。

 

●ポビドンヨード溶液(イソジン)が無ければ掘れば良いじゃないか!!

しっかし、世間の転売ヤー連中は頭が悪い。
ポビドンヨードが店頭に無ければ掘れば良いじゃないか。
ヨウ素

ヨウ素
というわけで掘りに来たwww
まあ、掘ったところで出てくるのは古代の海水(かん水)なので、一般人にはどうしようもないのだけどもwww
柵には立ち入り禁止と共に火気厳禁もうたわれている。
汲み上げる海水には天然ガスも含まれているからだ。

ヨウ素
井戸があるのはこんな田んぼのど真ん中。
ただ、田んぼの周りにはイノシシ避けの電気柵が張ってあるので、夜にここに来るのはオススメしません。

 

世間では資源を持っていないと認識されている日本だが、ヨウ素の産出量は日本が世界で2番目である(30%)。

 

うち、千葉県が21%を誇る。

 

ニュースでは取り上げられたのを見ていないが、このポビドンヨード騒ぎで伊勢化学工業の株価も上昇した。

 

上のシェアの所でリンクを貼った、ヨウ素の採掘生成をしている会社である。
転売ヤーもそうだけども、こうやって目ざとくなければ投機はできないのだな。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。