台風19号の被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。

台風19号により被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
一番ヤバいと思われていた千葉県への影響は思ったほどではなく、むしろ他の地域の降雨による影響が大きかった。
ちょっと台風のコースがズレていたらまた状況は違っていたのだろうし、予想の難しさを物語っている。

 

前回の台風15号と違うのは、皆の動きが早かったことだ。
台風襲来前日に食料品はあっという間に棚からなくなり、ガソリンスタンドには長蛇の列ができた。
台風当日は、早々にスーパーやコンビニが店仕舞いをした。
ちょっと過敏に動きすぎのような気がしなくもないけども、これで正しいのだと思う。
欲を言えばその位は常に準備しておくのが正しいのだろうけども、事前に用意をしておき、移動は最低限に済ませる。
避難をするにしても、持っていくものを選別しておける。
無理に通常営業をしていたら、何かしらの被害は出ていたのだと思う。

 

ダムの有用性もがたくさんツイートされた。
特に試験中にも関わらずぶっつけ本番で実戦投入された八ッ場ダムは話題となった。

 

一方で、八ッ場ダムの洪水治水効果はそれほど高くなく、仮に貯水しなくても利根川の堤防は越水しなかったという。

 

八ッ場ダムは、民主党時代に事業仕分けで一旦工事が中止された。
民主党も費用の問題だけでなく、治水効果等有用性を考慮した上で判断したのだろうと思う。
ダムは川を殺す。
ダムは上流から流れてくる栄養分を溜め込んでしまう。
それは生態系の破壊を意味する。
長期的に見てダムを作ることを正しいのか、こういう英雄譚的な出来事があった時こそ冷静に考える必要があるのではないだろうか。

茂原公園
前回の台風15号なのか、今回の19号のせいか分からないけども、茂原公園のポプラの木?が根っこから倒れていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。