スタッドレスタイヤをブリザックからウィンターマックスへ。ウィンターマックス、良いタイヤです

 

本当はもう少し引っ張るつもりだったのだけども、今年はもう千葉では雪は降らないだろうし、北国に行くこともないだろうと思い、これを書いている時点で既に夏タイヤに履き替えている。
どうせタイヤを履き替えたところで、1ヶ月に満たず眠らせてしまうのは分かってはいた。
しかし、タイヤの値上げは既に予告されていて、そして来年の情勢(主に原油価格)がどうなっているか未知数だ。
もしかしたらもう一段値上げが待っているかもしれないし、原油価格が暴落していて(その可能性は十分あり得ると思っている)逆に値下げされているかもしれない。

 

また、自分の使い方であれば、経年劣化で固くなる前に使い切るだろうと踏んだ。

 

そういう事情もあって、ボチボチ寿命ではあったのも重なって履き替えちゃうことにした次第。

 

新しいスタッドレスタイヤは、ダンロップのウィンターマックスとした。
理由は・・・特に無い。
たまたまですwww

ウィンターマックス02

絞り:F1.8 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100 焦点距離:35mm

ウィンターマックス02

絞り:F1.8 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100 焦点距離:35mm

詳細としてはウィンターマックス02、現時点で03が出ているので一個前の型となる。
千葉で求められる雪上、氷上性能なんてたかが知れているので、安く手に入る型遅れ品の方が良い。
雪はないのであくまでドライでの比較となるけども、ブリヂストンのブリザック・VRX(初期型。現時点で3が出ているので2個前の型)と比べると、ロードノイズがとても静かだ。

 

特段ロードノイズの静かさはうたっていないのだけども、とても静かに感じる。
ロードノイズが静かなので、いつもよりエンジン音が大きく感じる。
また、転がり抵抗がブリザックに比べて少ない気がする。
より夏タイヤに近いフィーリングだ。
厳密に比べてみたら、燃費に差が出るかもしれない(面倒なのと、気温による差が大きいのでやってない)。
一方、ハンドルの中立付近からちょっと切り込む範囲でのフィードバックが曖昧だ。
曖昧な範囲を過ぎて切ると、いきなりグッと重くなる感じ。
フィードバックのリニアリティという面では、ブリザックに分があるように思える。
千葉にいる限りは、ロードノイズが静かで転がり抵抗の少ない(ような気がする)ウィンターマックスの方が良いと思う。
型遅れ、かつ減ったタイヤと新品の比較なのでフェアではないのは重々承知しているけども、メーカーによって差があるのはおもしろい。

 

ル・マン(夏タイヤ)の時にも思ったけども、ダンロップって良いタイヤ作ってるのね。

 

さすが、空気入りタイヤを最初に作っただけのことはある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。