楽天モバイルが新プランを発表。0~1ギガはなんと無料!?

楽天モバイル

楽天モバイルが新プランを発表した。

 

プランは以前と変わらず1プランのみとなっており、
・0~1GB 無料
・1~3GB 980円
・3GB~20GB 1980円
・20GB~無制限 2980円
・通話し放題(アプリ使用)
・2回線目以降は0GB~3GBまで980円
・パートナーエリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題

 

料金に関しては、3GB~10GBで1480円というのを作って欲しかったけども、刻むと手間が増えるのかもしれない。
また、パートナーエリア(楽天の通信エリア圏外、au回線を使用)では5GBの制限はそのままだったので、引き上げて欲しかったな。
あと、データ通信のみのプランを作って欲しかったのだけども、それは叶わなかったか。

 

とはいえ、自分の行動範囲で楽天の圏内に入れることが多くなったので、データ通信で使用しているOCNモバイルは最低の3GBまで下げた。
未だ通信の品質や災害対応に不安がないではないけども、自分の使っている回線の範囲がどんどん増えていっているのは、携帯電話の黎明期を再度味わっているようでなかなか楽しい。

 

楽天モバイルが料金をこのように設定したのは他社の発表を受けてのことだけども、数は少ないとはいえ、実店舗があるのが強みだろう(コストはかかるのだろうけども)。
NTTドコモのahamo、KDDIのpovo、ソフトバンクのSoftbank on LINE、は完全にオンラインのみであり、恐らくお年寄りや不慣れな人は使えないと思われる。
その辺りを取り込め、恐らくそういう人たちに多いであろう0~3GB(0円~980円)に収まる料金を設定してきたのは上手いと思う。
単一プランなので、いらないオプションを知らないうちに入れ込まれる心配もないだろう。

 

また、アプリを使うとはいえ、通信回線を使用しつつ通常の電話回線に無料で掛けたり、ショートメールを遅れるのはけっこうありがたい。
大概はLINEを使えば済むのだけども、使いっていない人もいるし、お年寄りなどはできない人もいるだろう。

 

正直ahamo等の相手にはならないと思っていたし、産業スパイの問題もあってどうなるか心配していたのだけども、こうして見ると意外に考えられているし、競争力があるのではないだろうか。
あとは、着実に通信網を広げ、auが切られた地域での品質を確保しつつ、災害対策を進めるという、ちょっと地味で底力の求められる作業の継続が求められる。
楽しみになってきた。

 

とりあえずは一年無料なんだし、お試してやってみても良いと思います。
違約金も取られませんし。
※契約者数が300万人突破とのことで、4月7日締め切りとのことです(ネットでは4月7日の23:59まで、店舗では4月7日の営業終了まで)。
検討されている方はお急ぎを。





 

私はどうするかというと、通話も行うメインの回線は楽天モバイルで、データ通信のみの2回線(データ通信を使うスマホとタブレット)はOCNモバイルとすると思う。
楽天モバイルは使っても1980円、
OCNモバイルはデータ通信3GBで680円(家の回線がOCNなので、860円-200円=680円)と追加SIMのデータシェアで400円で、合計1080円。
なので、ざっくり月3000円だ。
以前大手を使っていた時は1回線で月8000円以上掛かっていたことを思うと隔世の感がある。
メインの回線もOCNモバイルに浮気しようと思っていたけども、引っ越しの手間や楽天モバイルの使えるアプリを考えると、メインの回線は楽天モバイルを使い続けたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。